障害を持って働くということ

障害を持って働くということ障害者雇用

障害を持っていても安心して働ける環境が増えることを望みます

失業・再就職

一般から障害者雇用へ切り替えた時のこと

一般雇用で勤めていた会社で「うつ」を発症してしまい、障害者雇用に契約を切り替えました。 しかし「完全オープン」でなかったため、周囲からの配慮は望めませんでした。その時に感じたことを書いています。
失業・再就職

障害者雇用の求人、どうやって探したらいい?

障害者雇用の求人を探す場合、ハローワークで探したりネットで検索したり いくつもの方法があります。私が利用した求人サイトや人気のサイトについて書いています。
福祉制度

在宅就業障害者に対する支援とは?

「在宅就業障害者に対する支援」という項目を厚労省のサイトで見つけました。 雇用する側に対する支援なのか?雇用される側のメリットはあるのか?求人は探せるか、などを書いています。
障害者雇用

企業と障害者、相性を確認できる「障害者トライアル雇用」

障害を抱えて就労する場合、職場との相性が重要になってきます。少しでも「自分と企業の相性」を確認できる 就労形態があると多くの人が安定して仕事につけるようになると思います。すこしでもお役に立てればうれしいです。
障害者雇用

障害者を雇用する企業のメリットは?

障害者雇用を行う企業がもらえる「助成金」の一部について書きました。 「障害者」として働くことに負い目を感じることがあれば「助成金」を会社に与えていると思えば気も楽だと思います。
福祉制度

障害者のための就職情報「クローバー」

障害者求人サイトが配布する「クローバー」という季刊誌が届いたので読んでみました。その感想を書いています
スポンサーリンク